塩まじないが叶いやすいのは天赦日?一粒万倍日?

塩まじないが叶いやすいのは天赦日?一粒万倍日? おまじない

塩まじないが叶いやすいとされる天赦日と一粒万倍日について詳しく解説します。塩まじないを行う日が重要だと言われていますが、特に天赦日と一粒万倍日は、縁起が良く願いが叶いやすいとされています。では、これらの日について詳しく見ていきましょう。

同じカテゴリの人気記事

同じカテゴリの人気記事

この記事を読んだ人が一番読んでる記事だよ!読んでね!

天赦日とは?

天赦日の意味

天赦日(てんしゃにち)は、日本の暦において最も吉とされる日の一つです。「天が万物の罪を赦す日」とされており、何事を始めるにも最適な日とされています。この日は、どんなことを始めても成功すると言われており、新しいことに挑戦するのにぴったりの日です。

天赦日にやるべきこと

天赦日は非常に縁起が良い日ですので、以下のようなことを始めるのに適しています。

  • 新しいプロジェクトの開始
  • 結婚や入籍
  • 引越し
  • 契約事
  • 学習や習い事の開始
  • 新しい財布の使い始め

天赦日のカレンダー

天赦日は年に数回しか訪れません。2024年の天赦日は以下の通りです。

  • 1月1日(月)
  • 3月15日(金)
  • 5月30日(木)
  • 7月29日(月)
  • 8月12日(月)
  • 10月11日(金)
  • 12月26日(木)

一粒万倍日とは?

一粒万倍日の意味

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、「一粒の種が万倍にも実る日」とされ、何かを始めるとその努力が大きく実を結ぶとされています。この日は特にお金や仕事に関することを始めるのに良いとされ、多くの人がこの日を利用して新しいことに挑戦します。

一粒万倍日にやるべきこと

一粒万倍日は特に以下のようなことに適しています。

  • お金を増やすための行動(投資、貯金の開始など)
  • 新しいビジネスの開始
  • 大切な契約の締結
  • 新しい財布の使い始め
  • 塩まじない

一粒万倍日のカレンダー

一粒万倍日は年に何度も訪れるため、利用しやすい日とされています。2024年の一粒万倍日は以下の通りです。

  • 1月: 1日(月)、13日(土)、16日(火)、25日(木)、28日(日)
  • 2月: 7日(水)、12日(月)、19日(月)、24日(土)
  • 3月: 2日(土)、10日(日)、15日(金)、22日(金)、27日(水)
  • 4月: 3日(水)、6日(土)、9日(火)、18日(木)、21日(日)、30日(火)
  • 5月: 3日(金)、15日(水)、16日(木)、27日(月)、28日(火)
  • 6月: 10日(月)、11日(火)、22日(土)、23日(日)
  • 7月: 4日(木)、5日(金)、8日(月)、17日(水)、20日(土)、29日(月)
  • 8月: 1日(木)、11日(日)、16日(金)、23日(金)、28日(水)
  • 9月: 4日(水)、12日(木)、17日(火)、24日(火)、29日(日)
  • 10月: 6日(日)、9日(水)、12日(土)、21日(月)、24日(木)
  • 11月: 2日(土)、5日(火)、17日(日)、18日(月)、29日(金)、30日(土)
  • 12月: 13日(金)、14日(土)、25日(水)、26日(木)

塩まじないを行うならどちらが良い?

天赦日のメリット

天赦日は、何事を始めるにも最適な日であり、特に大きな転機や新しいスタートに向いています。塩まじないにおいても、新たな運気を呼び込みたいときや、大きな問題を解決したいときに適しています。この日は非常に縁起が良いため、強力なエネルギーを持っています。

一粒万倍日のメリット

一粒万倍日は、特にお金や仕事に関することを始めるのに良いとされています。塩まじないを行う際には、具体的な目標や努力が実を結びやすい日です。この日は頻繁に訪れるため、継続的に塩まじないを行いたい場合に適しています。

塩まじないが叶いやすい日

天赦日と一粒万倍日が重なる日

天赦日と一粒万倍日が重なる日は、特に縁起が良いとされています。この日は、塩まじないを行うのに最適な日と言えます。

塩まじないを行う理由

塩まじないは「困ったことを書いて流す」おまじないです。具体的には、紙に困っていること、なくなって欲しいことを書き、その紙に塩をひとつまみ入れ、包んで燃やす、もしくはトイレに流します。この行為により、困ったことが解決されるとされています。

天赦日や一粒万倍日に塩まじないを行うメリット

天赦日や一粒万倍日に塩まじないを行うと、その効果が高まると信じられています。これらの日は、縁起が良く、物事が順調に進みやすいとされているため、塩まじないの効果も高まるのです。

具体的な塩まじないの方法

  1. 紙に書く: 困っていること、なくなって欲しいことを書きます。例えば、「借金がなくならない」「仕事がうまくいかない」など、具体的に書くことが重要です。
  2. 塩を包む: 紙に塩をひとつまみ入れて包みます。このとき、紙の色や塩の種類にこだわると効果が高まると言われています。例えば、金運なら金色の折り紙を使う、恋愛ならピンク色の紙を使うなど。
  3. 燃やすまたは流す: 包んだ紙を燃やして、その灰を水で流すか、燃やさずにトイレに流します。燃やす場合は、安全に注意してください。

天赦日や一粒万倍日に塩まじないを行う時の注意点

  • 具体的に書く: 書く内容は具体的に書くことが重要です。「お金がない」ではなく「臨時収入がない」など、詳細に書くと良いでしょう。
  • ポジティブな気持ち: おまじないを行うときは、ポジティブな気持ちを持つことが大切です。信じる心が強いほど、効果が高まると言われています。
  • 日取りを確認: 天赦日や一粒万倍日は年に数回しか訪れないため、カレンダーを確認して、最適な日に行いましょう。

天赦日と一粒万倍日は、塩まじないを行うのに最適な日です。これらの日は、縁起が良く、物事が順調に進みやすいとされているため、塩まじないの効果も高まります。塩まじないを行う際は、具体的に書き、ポジティブな気持ちで臨むことが重要です。天赦日や一粒万倍日を上手に利用して、あなたの願いが叶いますように!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました