丙辰と丙戌と裏切りと三業干支の不信の業

丙辰と丙戌と裏切りと三業干支の不信の業 四柱推命

丙辰と丙戌は裏切られるほど運気が上がるが、自身が裏切れば運気は地を這うと言われています。
三業干支の不信の業に当たるためです。

同じカテゴリの人気記事

同じカテゴリの人気記事

この記事を読んだ人が一番読んでる記事だよ!読んでね!

三業干支について

三業干支は、個人が先祖の因縁や業をどのように受け継ぎ、それにどう向き合うかを示す算命学の重要な概念です。業を引き継ぐことの自覚と先祖供養の実践は、その影響を和らげ、より良い運命へと導くための鍵とされています。

三業干支とは

三業干支は、先祖から受け継がれる因縁や業を象徴する干支で、個人が先祖の行いによって影響を受けることを意味します。これは、善行も悪行も含め、先祖によって積み上げられた業を後世が継承するという考えに基づいています。三業干支は、算命学特有の概念であり、四柱推命には存在しない独自のものです。

業の性質

業は形のないものであり、多くの場合、個人は自分がこれを受け継いでいることに気づかないことが一般的です。三業干支を持つ人は、先祖の残した影響深い業を生まれながらにして引き継ぐとされています。業は基本的にネガティブな意味合いを持ち、後世に悪影響を及ぼさないよう、現世でその解消を目指すべきとされています。

業の解消方法

業の解消法は干支によって異なりますが、すべての三業干支に共通して推奨されるのが「先祖供養」です。先祖供養を丁寧に行うことで、三業干支の持つ凶意を和らげ、先祖の業を清算する助けとなると言われています。この供養を通じて、先祖との繋がりを認識し、敬うことで、自身に影響を及ぼす業を軽減させることが可能になります。

三業干支一覧

不族の業 「甲子」「甲辰」
祇王の業 「乙巳」「乙酉」
不信の業 「丙辰」「丙戌」
徳攻の業 「丁丑」「丁未」
参籠の業 「戊辰」「戊戌」
倒柱の業 「己巳」「己酉」
傷体の業 「庚辰」「庚戌」
一人行の業 「辛丑」「辛未」
不子の業 「壬辰」「壬子」
倒異の業 「癸酉」「癸亥」

 三業干支と異常干支の違い

三業干支と異常干支が持つ独特の性質と影響の範囲を理解する上で重要です。それぞれが個人の運命や性格に与える影響は異なり、これらの干支を正確に理解することで、より深い自己認識や運命の流れを読み解く手がかりを得ることができます。

干支の範囲と該当率

三業干支と異常干支の最も顕著な違いは、それらが対象とする干支の範囲と人々に及ぼす影響の広がりです。異常干支は合計13の干支に関連しており、これには「通常」と「暗合」の状態が含まれます。一方、三業干支は20の干支を対象としており、六十干支全体の約3割の人が何らかの形で三業干支に該当します。

影響力の度合い

影響力に関しても両者の間には明確な差異が見られます。異常干支はその影響が顕著であり、より直接的かつ強力な効果を命式に与えるとされています。これに対し、三業干支の影響はより微妙で、無意識のうちに個人に作用するため、影響力は異常干支に比べて弱いとされています。しかし、日柱に三業干支が位置する場合、その影響は顕著になる傾向があります。

命式での位置と影響

さらに、異常干支は命式の特定の位置に応じてその影響が変化するのに対し、三業干支は年柱、月柱、日柱のどこに位置しても、その影響を及ぼします。これは三業干支が個人の生命力や運命に深く関わることを示しており、特に日柱に位置する場合、その影響力は最大となり得ます。

不信の業は「丙辰」と「丙戌」

「不信の業」とは、特定の干支、具体的には「丙辰」と「丙戌」に見られる特徴で、この業を持つ人は人から裏切られやすい傾向にあります。この現象は、重要な瞬間や人生の転機において、信じていた人々からの裏切りという形で顕著に現れることが多いです。

主な特徴と影響

  • 信頼した人からの裏切り
    人生の決定的な時期に、信頼していた人物による裏切りに直面しやすい。
  • 不信
    裏切られる経験が重なることで、他人に対する不信感が増し、人間不信に陥るリスクがある。
  • 裏切られると運気が上がるが自分が裏切ると運気が下がる
    他人からの裏切りが原因であるにもかかわらず、その都度、運気は上昇するとされる。しかし、逆に自分が他人を裏切る行動を取った場合、運気は下降する。

対処法

「不信の業」を持つ人々は、人との関係性において慎重になることが求められます。信頼を置く人選びに際しては、直感だけでなく、その人の過去の行動パターンや信頼性をじっくりと観察することが重要です。また、人生における重要な判断や選択は、できるだけ広い視野を持って行い、複数の意見を参考にすることも有効です。

さらに、裏切られた経験から学ぶことで、自己成長の機会として捉えることが、この業の影響を緩和し、ポジティブな方向に導く鍵となります。自分自身が人を裏切ることなく、誠実な行動を心掛けることで、運気の低下を防ぎつつ、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

裏切りと「丙辰」と「丙戌」

「丙辰」と「丙戌」は、人生の重要な局面で身近な人に裏切られる可能性がある「不信の業」を持つとされます。しかし、この裏切りが起こるたびに、その人の運気や才能は向上すると言われています。逆に、「丙辰」と「丙戌」の人が他人を裏切ると、その運気は低下します。

丙辰の性格と対人関係

丙辰は本質的に純真で、人を信じやすい性質を持ちます。運気が強い一方で、ある種の孤独感も抱えています。特に日干に丙辰を持つ人は、自立心が強く、他人からの助けを得にくい傾向にあります。彼らは群を抜いて独立し、力を発揮する能力が高いと言えます。

不信の業と「丙辰」と「丙戌」の対処法

不信の業は、裏切られることによってその効果が薄れるとされます。しかし、「丙辰」と「丙戌」の人々が経験する「裏切り」は、彼らの強力なパーソナリティ、高い理想、エネルギッシュな姿勢に他人が追いつけないことから発生することが多いです。また、丙辰の人々の内に秘められた繊細さが、無意識のうちに他人との間に壁を作ってしまうこともあります。

「丙辰」と「丙戌」の運気向上への道

「丙辰」と「丙戌」は、裏切られる体験を通じて、自身の運気を上昇させることができる特異な能力を持っています。このプロセスは、彼らが人間関係で直面する挑戦を乗り越え、個人としてさらに成長する機会を提供します。純真で人を信じる性質は、時には脆弱性になり得ますが、それを力に変えることで、より強運な未来を築くことができるのです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました