赤口の日にお墓参りをしても良いのか?

赤口の日にお墓参りをしても良いのか? 六曜

日本の伝統的な暦の中で、特定の日々にはさまざまな意味や縁起が与えられてきました。その一つが「赤口」と呼ばれる日です。古くから「赤口の日は旅を避ける」「家を出てはいけない」といった風習がある中、多くの方々が疑問に思うことがあるでしょう。それは、「赤口の日にお墓参りをしても良いのか?」ということです。本記事では、この疑問を解明するため、赤口の起源や意味、そしてお墓参りに関する風習や考え方について詳しく探っていきます。縁起を気にする方も、そうでない方も、是非とも読んでいただきたい情報をお届けします。

同じカテゴリの人気記事

同じカテゴリの人気記事

この記事を読んだ人が一番読んでる記事だよ!読んでね!

赤口にお墓参りをするのは縁起が悪い?

日本には古くからさまざまな風習や習慣があり、日常の行動を左右することも少なくありません。その中で、「赤口には縁起が悪い」という言い伝えがあります。しかし、これをお墓参りに当てはめるとどうなるのでしょうか。

赤口とは何か?

赤口は六曜の中の一つで、伝統的に仏滅とともに凶日とされる日です。特に結婚式や入籍、納車、引越し、宝くじの購入などの大事な行事や決断をする際には避けるべき日と言われています。

赤口の日にお墓参りは縁起が悪いのか?

お墓参りとは故人を偲び、敬意を表する大切な行事です。そのため、お祝い事のように縁起を気にする必要は基本的にはありません。つまり、赤口の日であっても、故人を思いやる気持ちは変わらないため、問題なくお墓参りを行うことができます。

赤口の日の吉時間

赤口は全日が凶日というわけではありません。実は、午前11時~午後1時の間は吉の時間とされています。ですが、この時間帯にこだわる必要はありません。特に、お墓参りの際は、遅くとも早い時間帯に訪れるのが望ましいとされています。故人を思いやる気持ちを最優先に考えることが大切です。

赤口は伝統的に縁起が悪いとされる日でありますが、お墓参りに関しては、縁起を気にする必要はありません。大切なのは、故人を偲ぶ心と敬意を持って訪れることです。その気持ちがあれば、どの日でもお墓参りはできるのです。

お墓参りをする日の決め方

お墓参りは故人を偲ぶ行事として、縁起の良し悪しよりも故人の命日や伝統的な行事を中心に行われることが一般的です。それでは、どのような時期にお墓参りを行うのが一般的なのでしょうか。

命日と祥月命日

故人が亡くなった日を「月命日」と言い、その翌年以降の同じ月日を「祥月命日」と言います。特に祥月命日は、一周忌、三回忌、七回忌として、年数に応じて法要を合わせて行うのが一般的です。

お彼岸

春と秋にそれぞれ7日間、春彼岸および秋彼岸として行われる期間です。この時期には、故人や先祖に対する供養の気持ちが特に届きやすいとされており、多くの人がお墓参りをします。

お盆

先祖や故人の霊が地上に戻ってくるとされる8月15日前後の時期です。多くの地域では8月にお盆を行いますが、旧暦を採用して7月に行う地域もあります。

年末年始

年末のお墓参りは、一年の感謝と故人の墓の掃除を目的として行われます。一方、年始のお墓参りは先祖や故人の霊を迎える意味が込められています。

お墓参りの日取りは、故人や先祖を偲ぶ気持ちを大切にしながら、伝統的な行事や命日を中心に行われます。縁起を気にせず、心から故人を思いやる気持ちを大切に、お墓参りを行うことが最も重要です。

お墓参りの日取り、縁起の良い日とやってはいけない日

お墓参りは故人を偲ぶ大切な行事ですが、特定の日を選ぶことが必要なのでしょうか。縁起の良い日や避けた方がよい日についての情報をまとめました。

お墓参りに向いている縁起のいい日とは

お墓参りにおける「縁起の良い日」というものは特定されていません。前述した通り、お墓参りは時期に縛られず、行きたいと思ったときが最も良いタイミングです。命日やお盆だけでなく、受験の合格、結婚の報告、悩みの相談、あるいは単純に先祖や故人に会いたくなった時など、心が動かされたタイミングでお墓を訪れるのがベストです。

お墓参りを避けた方がよいやってはいけない日とは

  1. 友引:昔から葬儀の日としては避けられてきました。「冥土に友を引き連れる」という意味があり、そのため一部でお墓参りも避けるべきとされていますが、実際にはお墓参りについて友引を避ける必要は特にありません。
  2. 雨の日:昔は雨の日のお墓参りが避けられていた理由は、土葬の際の伝染病の拡大リスクや、雨が陰のエネルギーを持つとされたためです。しかし、現代では土葬は少なく、霊園もしっかりと整備されているため、縁起を気にすることなく雨の日でもお墓参りはできます。ただ、一部の年配者は「雨は穢れ」と感じるため、複数での参拝を計画する場合は事前に意見を確認すると良いでしょう。

お墓参りの日取りには厳格なルールは存在しないものの、伝統や家族の意見に基づいて選ぶことが多いです。縁起を気にせず、故人を偲ぶ心を大切にし、気持ちの動くままに参拝しましょう。

六曜と墓参り:縁起を気にする必要はあるのか?

六曜は古くから日本の暦の中で使われてきたもので、特定の日にどのような行動を取るべきかを示唆するものとして知られています。しかし、実際には六曜と墓参りや仏教との深い関連はないのです。

六曜の起源とは

六曜には「大安」「仏滅」など、仏教的な名前が含まれていることから、仏教との関連が推測されることもあります。しかし、六曜の起源には諸説あり、賭け事のタイミングを図るために利用されていたとも言われています。つまり、六曜自体は仏教とは直接関係がないものと考えられます。

墓参りと六曜

お墓参りにおいて六曜を重視するかどうかは、その家の風習や考え方によって異なります。一部の年配者は、六曜に基づいて縁起の良し悪しを判断する風習が根付いているため、特定の六曜を選ぶことがあります。例えば、「大安」は縁起の良い日とされる一方、お墓参りをすることで命日を縁起の良い日とすることを避ける人もいます。また、縁起の悪い「仏滅」を避ける考えの人も少なくありません。

しかし、現代の多くの人々は、六曜よりも故人を偲ぶ心のあり方を重視する傾向にあります。縁起を気にすることなく、心の動くままに墓参りを行う人も多いのです。

注意点

お墓参りを年配の方と共に行う際は、その家や地域の風習や考えに敬意を払うことが大切です。事前に日取りに関する相談を行い、予め意見や考えを尊重する姿勢を持つことが、円滑な墓参りのための鍵となります。

六曜とお墓参りの関係は、直接的なものではありませんが、長い風習としての考え方や信仰が絡むこともあるため、敬意を持って取り組むことが大切です。心のこもったお墓参りを行うことが、故人に対する最大の敬意となるでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました