土用のスピリチュアル丑の日にウナギ2024

土用のスピリチュアル丑の日にウナギ スピリチュアル

土用の丑の日と言えば、夏のうなぎを食べる日というイメージが強いかもしれません。しかし、土用は夏だけでなく年に4回あり、それぞれ季節の変わり目に訪れます。そして、土用の期間はスピリチュアル的に見ても大切な時期で、適切な過ごし方をすることで開運するチャンスがあります。

同じカテゴリの人気記事

同じカテゴリの人気記事

この記事を読んだ人が一番読んでる記事だよ!読んでね!

土用の丑の日2024年は何回

2024年の「土用の丑の日」は7月24日と8月5日となります。

2024年今年の土用と間日はいつからいつまで

春夏秋冬 土用の期間 土用の間日
春土用 4月16日~5月4日 4月23日、4月24日、4月27日
夏土用 7月19日~8月6日 7月19日、7月26日、7月27日、7月31日
秋土用 10月20日~11月6日 10月22日、10月24日、10月26日、11月3日、11月5日
冬土用 1月18日~2月3日 1月18日、1月27日、1月28日、1月30日

土用の期間っていつ?年に4回あるって本当?

「土用の丑の日」と聞くと、多くの人が夏のうなぎを食べる日を思い浮かべますが、実は土用は夏だけでなく、年に4回あります。これらは、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を指し、この期間は一年の季節が変わるたびに訪れます。夏の土用の間に訪れる「丑の日」が特に有名で、夏バテ防止のためのうなぎの食事が伝統となっています。
丑の日は12日に一度巡ってくる日を指します。夏の土用の期間の丑の日が、土用の丑の日と呼ばれるようになりました。

丑の日カレンダー丑の日の意味と土用の丑の日はいつ2024年
「土用の丑の日」で有名な丑の日…丑の日とはなんでしょうか。 丑の日カレンダーと土用の丑の日についてです! 丑の日とは 「丑の日」とは、日にちを十二支で数えたとき、丑に該当する日のことです。十二支は年を表す際に用いられるのは知られていますが、...

土用期間の最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

土用(どよう)とは何か、由来

土用(どよう)という言葉について理解するためには、陰陽五行説の知識が必要です。この五行説は古代中国から伝わった理論で、自然や世の中のしくみを説明するための法則です。五行説には「木火土金水(もく・か・ど・ごん・すい)」の5つの要素(五行)があり、これらがものごとの性質や自然界のエネルギーを表現します。

土用と陰陽五行説の季節

陰陽五行説では四季も五行に対応します。春は木のエネルギー、夏は火のエネルギー、秋は金のエネルギー、冬は水のエネルギーとされています。ところで、四季は4つですが五行は5つあるため、「土」が余ります。この「土」は、五行の中でエネルギーが溜まりこれからエネルギーが外に出てくるという状態を示しています。そのため「土」は季節の変わり目、つまりエネルギーが変化する時期にぴったりなのです。

季節の変わり目が土用、土用は雑節

土用は雑節になります。「雑節」は日本独自の暦で、「彼岸」のほか「節分」「八十八夜」「土用」「二百十日」などがあります。
もともと太陰暦を利用していた日本では、新暦になった時に日付と季節にずれが生じるようになりました。半月のずれは農業では大きな問題になります。そこで生まれたのが雑節です。
二十四節気の間に雑節を入れることで、本来の季節とのずれを補い、寒気や暴風雨などがわかりやすいようにしたのです。

雑節とは
雑節は日本独自のものです。八十八夜や入梅、半夏生がそれにあたります。雑節とかいて「ざっせつ」と読みます。 雑節でざつぶしの方ではありませんよ〜。 雑節とは簡単に 「雑節」は日本独自の暦で、「彼岸」のほか「節分」「八十八夜」「土用」「二百十日...

土用とは、文字通り「土が用いる(支配する)期間」を意味します。しかし、これは一日を境に季節やエネルギーが変わるというわけではなく、季節の変わり目には徐々に変化していきます。この四季が移り変わる期間を「土用(どよう)期間」と言うのです。

土用の影響

季節のエネルギーが変化しているときは不安定であり、それまでうまくいっていたことがうまくいかなくなったり、常識が通用しなくなるなどの影響が起こり得ます。自然界では災害や疫病が発生しやすく、人間の体においては体調不良や病気になる可能性が高まります。そのため、土用の期間は特に体調管理に気をつける必要があります。

土用はいつ?一年に4回ある土用

五行説に基づく季節の変わり目は、二十四節気で表現されます。二十四節気では季節の微妙な変化を捉えています。土用はこの中で「立春・立夏・立秋・立冬」の前の18日間と定義され、これを「土用の入り」といいます。

季節 土用の期間 太陽黄径 立春・立夏・立秋・立冬 備考
(昔は経過日数だったが現在は太陽黄径)
1月17日~2月3日 297度 立春(2月4日ころ) 小寒節の13日目から立春まで
4月17日~5月5日 27度 立夏(5月5日ころ) 清明節の13日目から立夏まで
7月20日~8月7日 117度 立秋(8月7日ころ) 小暑節の13日目から立秋まで
10月21日~11月7日 207度 立冬(11月7日ころ) 寒露節の13日目から立冬まで

これにより、1年に4回の土用が存在します。ただし、現在では特に夏の土用が話題になることが多いです。これは、この時期が体調を崩しやすいからです。

なお、この節気の考え方と現在のグレゴリオ暦とは異なりますので、毎年、最新のカレンダーで確認することをおすすめします。

立春・立夏・立秋・立冬

立春、立夏、立秋、立冬は、四季の始まりを示す節気(二十四節気)です。それぞれの節気の特徴と日付は以下の通りです。

節気 日付 説明
立春 2月4日頃 春の始まりを意味し、この日から気温が上がり始めるとされています。古くから様々な祭りや行事が行われてきました。
立夏 5月5日頃 夏の始まりを意味し、この日から暑さが増すとされています。端午の節句(こどもの日)と重なります。
立秋 8月8日頃 秋の始まりを意味し、この日から気温が下がり始めるとされています。秋の行楽シーズンの始まりを示します。
立冬 11月7日頃 冬の始まりを意味し、この日から寒さが増すとされています。この日から冬支度を始めるとされています。

土用の期間とスピリチュアル

土用の期間は、スピリチュアルでは季節の移り変わりと共に運気が乱れやすいとされています。気の流れもこの期間には変化します。そのため、新しいことを始めるには不向きとされることがあります。しかし、新月など特別な日と同時に訪れる場合は、そのエネルギーを利用して新たなスタートを切るのもおすすめです。

土用の期間スピリチュアル、自己浄化を促す

土用の期間は、自己浄化を促すのに適した時間とされています。これは、知らず知らずのうちに蓄積した邪気やストレスを解放し、身心を浄化することで運気を整えるためです。具体的な方法としては、天然塩を用いた塩風呂が効果的です。塩の浄化パワーを利用し、身体の汗と共に不要なエネルギーを排出しましょう。

土用の期間スピリチュアル、内省と自己理解を深める

土用の期間は、自己を深く見つめ直すための時間でもあります。この時期に内省することで、日々の生活で気づかなかった自分自身の心情や状況に気づき、自己理解を深めることができます。これを通じて自分自身の行動パターンを見つめ直し、新たな発見をすることも開運に繋がります。

土用の期間スピリチュアル、のんびり過ごして運気を整える

土用の期間は、運気が乱れやすいため、時にはのんびりと過ごすことが推奨されます。これにより、自身のペースを取り戻し、運気を整えることが可能です。直感を信じ、過ごしやすい方法を選ぶことで、自己の運気を保つことが可能になります。

土用の期間に避けるべきことは?

土用の期間には、大切な判断を避けることが推奨されます。また、土いじりは避けたほうが良いとされています。大きな動きを伴う行動、例えば旅行や引越しなども避けたほうが良いでしょう。

土用にやってはいけないことについてはこちらを読んでね!

土用期間にしてはいけないこと土いじりをしてはいけない日2024年の間日
土用期間にしてはいけないことや2024年土用の間日の期間についてです。 土用とは 土用は年に4回訪れる、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間のことを指し、「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」などとも呼ばれます。 言葉自体は「土旺用事...

土用と土いじりの関係性

土用の期間中に土いじり、穴掘り、ガーデニングなどを行うことは避けるべき、という言い伝えがあります。これは、五行説の土用と土地神、荒神の信仰が組み合わさった結果生まれた迷信で、実際には科学的な根拠はありません。この迷信は、鎌倉・室町時代の民間の陰陽師(占い師)によって広められたものと言われています。

しかし、土用の期間は体調を崩しやすいという事実はあり、特に建築や土木関連の業界では、小さな不注意やミスが大事故に繋がることがあります。そのため、戒めの意味でこの迷信が広まったとも考えられます。

土用の丑の日とスピリチュアル

土用の丑の日は、土用の間のうちで十二支の丑(うし)に当たる日のことを指します。その日には、特に栄養価の高い食事をとる習慣があります。これは、エネルギーを蓄えてこれからの厳しい季節に備えるという意味が込められています。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

毎年、7月の終わり頃になると、「土用の丑の日にうなぎを食べよう」という広告が見られます。これは、丑の日に栄養価の高い「う」のつく食べ物を食べるという習慣があったことから来ています。江戸時代には、うなぎ屋がうなぎを売り切れない時期に、土用の丑の日にうなぎを食べるようにキャッチコピーを作ったとも言われています。

うなぎには、タンパク質以外にもビタミンAやビタミンEが豊富に含まれており、非常に栄養価の高い食べ物です。そのため、夏の厳しい暑さを乗り切るために、うなぎを食べるという習慣が広まりました。

日本の古文学に見るうなぎの存在

万葉集には、大伴家持による詩が収録されています。「石麻呂に われ物申す 夏痩せに 良しというものぞ 鰻捕り喫せ」この詩は、大伴家持の知り合いの石麻呂が夏の暑さで痩せてしまったので、うなぎを食べて元気を取り戻すように助言している内容です。奈良時代からうなぎは夏バテに良いと信じられていたようです。

スピリチュアルな視点で見る土用の丑の日

スピリチュアルな視点から見ると、土用の丑の日は、自己浄化、自己の内側を見つめるための時間、そして心と体のエネルギーをリチャージするための日とも言えます。以下にその詳細を説明します。

  1. 自己浄化の時間: 土用の丑の日は、心と体の浄化に重きを置くスピリチュアルな習慣にピッタリの時間とも言えます。新しい季節への移行期間である土用は、古いエネルギーをクリアにし、新たなエネルギーを受け入れる準備をする好機とされています。これは心の浄化、つまりマインドフルネスや瞑想を行うのに適した時期であり、また、身体の浄化、つまりデトックスを行うのにも適しています。
  2. 内省の時間: 自然界のリズムに同調することは、自分自身と深くつながるための手段とされています。土用の丑の日は、自分自身を内側から見つめ直し、自分が何を必要としているのか、何を手放すべきなのかを見つけるのに適した時期とされています。
  3. エネルギーのリチャージ: 土用の丑の日にウナギを食べるという伝統的な習慣は、体力を補いエネルギーをリチャージするという意味も持っています。これはスピリチュアルな視点からも共有されており、心と体のエネルギーを維持し、バランスを保つことが重要とされています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました